PAGE TOP

2022.09.07

CLINIC BLOG

にきびの塗り薬 🌈乾燥赤みの対策🌈

前回に引き続きにきび治療のお話です😊😊

 

 

にきび治療のかなめはコメド(白にきび)治療❗❗とお話ししましたが、

毛穴のつまりをとる作用の裏返しの刺激症状は人によってつらいことも😥

 

 

出典:マルホ株式会社 ニキビ治療のポイント

 

 

「大体2週間を乗り越えれば楽になりますよ」とお話しするようにしています。

 

かぶれ(接触皮膚炎)の場合は中止しないといけませんが、その頻度は30人に1人。 

 

 

残りの29人は頑張れば乗り越えて治療を続けていける可能性が高いです❗❗

(とはいえ、刺激症状がつらくて無理な方もいるので、その方には別の治療を提案しています)

 

その乗り越え方は、

 

 

①塗る量を減らす

 

 

②塗る時間を減らす

 

 

③塗る回数を減らす

 

の3つです🌈

 

 

 

 

①塗る量を減らす

 

 

塗る量を顔全体で1/8FTUまで減らし、慣れてきたら1/4→1/2→1FTUと増やしていく。

 

 

 

一番スタンダードな方法です。まずはできているにきびにポイントで広めに塗りながら、徐々に量と範囲を増やしていきます。

 

 

②塗る時間を減らす

 

 

まずは塗布してから30分後に洗い流す

慣れてきたら就寝前まで外用し、洗い流す

朝まで外用できるようになったら徐々に塗る範囲を増やしていく

 

 

 

この方法は一番強力なエピデュオゲルに慣れていくときにお話しすることが多いです。

 

 

 

 

 

③塗る回数を減らす

 

 

塗る回数を2日に1度まで減らしたり、3日に1度まで減らす

 

 

 

この方法は外用回数が減るため、最初からはお勧めはしていません・・・。

 

少量でも毎日塗った方がターンオーバーを整えながらにきびをできにくくする効果は出やすくなります。

 

 

治療を続ける3つのポイントをご紹介しましたが、どれが合うかは人それぞれ。

にきびの種類や生活スタイルにもよりますので、診察の時に相談しながら頑張って続ける方法を一緒に考えていきましょう。

 

1週間、2週間ではにきびは治りません❗❗

 

 

が、習慣づけて半年から1年続けていくと肌質も改善してきれいな肌に近づくことができます✨✨

 

 

次回は、保険治療と並行しながら使うことができるお勧めの洗顔料などをご紹介します😊

 

にきびだけでなく、しみ治療やレーザー施術と並行して使える商品も多いですので、診察時にご相談ください🌈