PAGE TOP

2022.06.10

CLINIC BLOG

赤ら顔~しゅさ~ ロゼックスゲル適用追加になりました

「酒さ(しゅさ)」という病名をご存知でしょうか。

 

 

酒さとは、いわゆる「赤ら顔」の原因の1つで、顔の赤み、ぶつぶつがでてくる疾患です。

ほてり感、ひりひり感を感じたり、温度差や辛い物を食べたときに悪化する方も多いです。

 

 

症状がすすむと血管が浮いて見えたり(毛細血管拡張)して、人前に出るのが嫌になる方もいらっしゃいます。

 

酒さは病名がついているものの、原因が1つではないため治療がスムーズにいかないことも多いです。

 

まずは薬(ステロイドやプロトピックなど)などが原因で起きている「酒さ様皮膚炎」を除外します。(これは薬の副作用なので、やめることが第一の治療となります)

 

あとは、悪化因子(暑さ、寒さなどの生活環境、アルコールや香辛料など刺激の強い食べ物)を避けることも重要です。

 

他に抗アレルギー剤や抗生剤、漢方薬なども処方します。

 

 

昔から海外ではメトロニダゾールという抗生剤入りの軟膏(フラジール)が効果があるため、保険適用で使われています。

日本では保険適用外であったため、当院では院内製剤として処方していました。

 

そんな塗り薬が、5月26日、ロゼックス®ゲル(0.75%メトロニダゾール外用薬)が「酒さ」に対して保険で処方できることになりました。

 

 

 

 

 

 

ジェル状のお薬で、肌になじみやすい形状になっています。

 

 

 

 

 

 

院内製剤のフラジール軟膏については、ご希望の方にはまだお渡しできますが、ロゼックス®ゲルが保険適用になったため、ご希望を聞きながら徐々に移行していく予定です。

 

それでも一進一退でなかなか良くならなかったり、毛細血管拡張までいくと効果が出にくいことも多いです。

 

そういった方には保険外診療として、ノーリスによる光治療も行っております。

 

 

 

 

 

 

一度では難しいですが、3回ほど施術すると全体的な赤みの改善が期待できます。頬の血管や、鼻下の細かい血管拡張にも効果的です。

 

 

 

 

まずは保険診療で診察させていただき、症状やご希望に応じて最適な治療を提案させていただきます。

 

赤ら顔、酒さの治療は一筋縄ではいきませんが、今はいろいろな選択肢があります!!気になる方はご相談ください。