PAGE TOP

保険診療
イボ

イボ

いぼは、皮膚から盛り上がっている小さなできものを総称して呼ばれることが多いです。
多いのがウイルス感染が原因のもので「尋常性疣贅」といいます。他にも加齢が原因で生じる「脂漏性角化症」や首によくできる「軟性線維腫」があります。
 保険適応ですと『液体窒素』で治療することができます。当院では痛みがより少なく、早く治せるスプレー式の器具を使用しています。治療後に色素沈着が残ったり、治療に複数回の施術が必要にある場合もあります。

いぼの種類や大きさ、部位などによっては、炭酸ガスレーザーの方が短期間で治療後もきれいですので、ご来院された際にドクターにご相談ください。

原因・治療について

ウイルス感染が原因のいぼ

ウイルス性いぼ

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)との呼ばれ、ヒトパピローマウイルスの感染、増殖が原因でできるいぼです。

プールや公衆浴場などで、いぼのある人から感染することが多いと考えられ手指、足の裏にできやすいいぼですが、その他にも顔や腕など、あらゆる場所にできます。

最初は小さいですが、やがて大きくななり、表面が角化して灰白色になります。放置すると増数、増大するので早めの治療をおすすめします。

※ 古いいぼ、大きなイボは、血管が集まっており、出血が多くて1回で治療が終了せず、複数回の治療が必要な場合もあります。

 

水いぼ

児童期(3~15歳前後)によく見られ、直径1~3mm程度の小さな肌色のポツポツしたいぼで、一般的に水いぼと呼ばれています。

皮膚の接触による直接感染やタオルなどの物を介しての感染があり、幼稚園や保育園やスイミングスクールなどの集団生活の場で感染する可能性が高いです。

治療法は数が少なければ専用の器具で摘出することもあります。麻酔テープを使用するとより痛みを少なくすることができます。

その他のいぼ

軟性線維腫

首を触ったときにザラザラするいぼは「アクロコルドン」や「スキンタッグ」とも呼ばれます。
30代以降でみられることが多く、加齢とともに数が増え、目立ってきます。首以外にも顔やデコルテや腹部など皮膚の薄い部分によく見られます。
首から下は皮膚の構造上、傷が残りやすいため、キレイに仕上げるためにはいぼの組織だけを慎重に除去する必要があります。

炭酸ガスレーザーで治療し、アフターケアをしっかり行って頂けると、傷跡は数週間程度で目立たなくなります。

尋常性疣贅

手足にできやすいウイルス性のいぼです。
原因は「ヒトパピローマウイルス」というウイルスで、皮膚の小さなキズから感染し、いぼをつくります。

 

老人性いぼ/脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

紫外線や加齢によりできるイボ。特に顔面、頭部、前胸部、背部に多く見られます。時間が経つにつれ、大きくなり数も増大します。

色は茶から黒で、ザラザラとした手触りが特徴です。古いいぼ、大きなイボは、複数回の治療が必要な場合もあります。

 

目の周りのいぼ(稗粒腫、汗管腫)

稗瘤腫(はいりゅうしゅ)、汗管腫(かんかんしゅ)、エクリン汗嚢腫と呼ばれるいぼです。

大きさは1~2mm以下のことが多いですが、お化粧でなかなか隠れず、目の周りで逆に目立ってしまう事もあります。

皮膚の薄い場所ですので、レーザーによる治療がおすすめです。

 

液体窒素スプレー治療

ウィルス性イボの一般的な治僚が液体窒素療法で、これは-196℃の液体を皮膚につけて、皮膚を軽い凍傷にして治す方法です。

表面が凍傷をおこすと、新たな皮膚が再生してきます。
2~3週間に1回のペースで続けることで、イボがだんだんと小さくなっていきます。